2010年03月27日
食後高脂血症について 「ゼチーア」の勉強会(バイエル)
食後高脂血症について
「ゼチーア」勉強会(バイエル)
2010312
DT@妹尾店

 
近年、食の欧米化、ファーストフード普及により高脂血症患者が増えてきた。中でも、「食後」高脂血症患が注目されるようになった。放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中など心血管イベントにつながる恐れがある。

 
「食後」高脂血症とは・・・
食後の高TG血症が顕著で、それが持続している病態。
肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病の患者に多くみられる。

 脂質負荷試験を行うと、通常であれば3〜4時間で代謝されるものが、食後高脂血症の患者では6時間たっても血清は乳び化したままでTG値は高値のまま、むしろ上昇している。次の食事のタイミングを考えれば、これは起きている間は食後のTG高値が持続していることを意味する。

 
ファーストフードセットの脂質負荷試験でゼチーア投与前→後で、LDL20%ほど安定して低下。TGは、脂質負荷前ではさほど低下効果は見られなかったが、食後のTG上昇はゼチーアにより著名に抑制された。また、負荷2時間後ではインスリンスパイクがあったが、ゼチーアでそれが有意に抑制された。(FESTA試験では120例、ゼチーア10mg/日、12W後、HA1C6.2±1.0 → 5.9±1.0というデータ有り)インスリン感受性に好影響を及ぼしたと考える。  

◎ゼチーアが食後のTG上昇を抑制する理由
 小腸経由のコレステロールを吸収阻害することで、小腸で合成されるカイロミクロンに取り込まれるコレステロールが枯渇し、カイロミクロンが作られなくなり、高脂血症の本体であるカイロミクロンやその代謝産物のレムナント(カイロミクロン、レムナントとも本来はTGが多く含まれる)の分泌が抑制されると考えられる。 

◎ゼチーア使用のオススメ患者
肥満、メタボリックシンドロームを合併していて、食事療法で効果が不十分と判断される高コレステロール血症の患者(LDLをあと30mg/dl下げたい方)
マイルドスタチンと同程度の降下作用があるとのこと。 


<感想>
今回はDVD視聴中心の勉強会。動画も入っているので、視覚的に分かりやすかった。全体を通してみると、ゼチーアはやはりコレステロールトランスポーター阻害剤としてがメインで、他のHA1C低下や食後TG抑制効果はあくまで補助的。しかし、+αの知識として持っておきたい。
以上