2008年04月22日
チャンピックスの勉強会をしました。

チャンピックスの勉強会をしました。

               2008年4月9日 BY MH @東畦店


α4β
2ニコチン受容体部分作動薬(禁煙補助薬)

チャンピックス錠 0.5mg 1mg

 

<喫煙を取り巻く環境の変化>

     喫煙は、肺がん・冠動脈疾患・COPD(慢性閉塞性肺疾患)などさまざまな疾患のリスクを高めます。しかし喫煙者が禁煙することにより短期的、また長期的にさまざまな効用が期待できます。COPD発症後でも禁煙により呼吸機能の低下を抑えることが出来ます。

     アンケートの結果によると医師の82%は喫煙が、88%はニコチン依存症が治療の必要な病気であると回答しています。しかし、喫煙者が禁煙について医師に相談する比率は先進国ではアメリカが76%、ドイツ57%、etc.に対し日本は19%と群を抜いて低い比率になっています。このように医師と喫煙者の喫煙に対する考え方はかけ離れているようです。

     平成20年4月より新しい健診制度である特定健康診査(特定健診)が義務化され喫煙歴チェックが項目に入っています。

 

<作用機序>

脳内のニューロンのα4β­受容体に結合することにより、ニコチンの結合を妨げ、本来ニコチンが結合し放出されるドパミン(気持ち良くなる)を抑制します。しかし部分的作用薬であるため、少量のドパミンが放出されて禁煙による離脱症状が軽減されます。

 

<特性>

     今までの禁煙補助薬のようにニコチンを含まない経口禁煙補助薬

     喫煙により得られる満足感を抑制し、タバコが美味しくなくなる。

     ガム・パッチに比べて優れた禁煙効果

(禁煙補助薬なしの禁煙に比べ、ガムは1.66倍パッチは1.84倍に対してチャンピックスは3.22倍)

     薬剤依存性が少なく簡単に治療終了出来る。

 

<使用方法>

(1週) 禁煙の開始予定日を決めその一週間前より服用します

     1日目〜3日目 0.5mg錠を1日1回食後(朝・昼・夕は問わず)

     4日目〜7日目 0.5mg錠を1日2回朝・夕

(2週) 8日目に禁煙を開始します。

     8日目〜    1mg錠を1日2回朝・夕

(12週)12週で投与終了、なお禁煙に成功した患者では長期間の禁煙をより確実にするために必用に応じて12週間にわたり延長投与できます。しかし保険適用は12週までで延長投与は自由診療となります。

 

     禁煙治療後では1年間は再治療には保険が使えませんが1年経過後は保険が使えます、また回数には制限がありません。また原則として他の禁煙補助薬との併用は禁となっています。

     食後投与となっていますが、食事の影響はないので空腹時でも問題ないです。

     禁煙治療中に喫煙してしまっても投与量に変更はありません。

     主として腎排泄されます、シメチジンとの併用で腎クリアランスを低下させるので併用注意。

     重度の腎機能障害患者(クレアチニン・クリアランス推定値:30ml/分未満)の場合は0.5mg1日1回で投与を開始し、その後必要に応じて最大0.5mg1日2回に増量する。

     妊婦への投与は、安全性は確立されていないが、喫煙のリスクも高いので、できることなら補助薬を使わずに禁煙が望ましい。

     高齢者では腎機能が低下していることが多いので、投与には注意が必要。

 

<保険診療の対象患者>

     直ちに禁煙しようと考えていること

     ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上であること

     プリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること

     禁煙治療を受けることを文書により同意していること

 

保険診療の出来る施設は岡山県には約40施設あるそうですが、施設基準を満たし届出が必要なため保険診療の出来る施設は少ないようです。自費診療、薬価は、2008年4月18日決定するそうですが、他の禁煙補助薬をほぼ費用的には変わらないそうです。


禁煙に成功するには本人の意思が一番重要ですが、周りのサポートがあれば確立がかなり上がってくるようです。家族はもちろん、病院、保険薬局の患者と関わる職員が声かけや励ましをすることが重要になってきます。私も医療従事者として、そのような患者様が来られたら心をこめたサポートが出来ればと思います。