2013年03月26日
エリキュース錠」について勉強会をしました。

 
岡山の街の健康応援団!!
岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)

「エリキュース錠」について勉強会をしました。

2013年3月26日

YI@東畦店

【エリキュース錠について】
一般名:アピキサバン
規格:2.5mg、5mg
販売開始年月日:2013年2月 

<価格比較>
・エリキュース:2.5mg=144.9円、5mg=265.2
・イグザレルト:10mg=372.4円、15mg=530.4
・プラザキサ:75mg=132.6円、110mg232.7
・ワーファリン:1mg=9.6
エリキュース5mg12回投与した時の薬価はイグザレルト15mg11回投与した時と同じ薬価。

<効能効果>
非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制 

<用法容量>
15mgを1日2回経口投与。
但し、80歳以上、体重60kg以下、7貔競レアチニン1.5mg/dL以上
   
    〜のいずれか2つ以上に該当した場合12.5mgを12回経口投与

 <作用機序>
外因性及び内因性血液凝固経路の収束点であるFXaを阻害し、トロンビン産生を抑制することで、直接的な抗血液凝固作用および間接的な抗血小板作用を示す。 

<体内動態>
10mg投与したときのBA50%であり、空腹時のCmax,及びAUCは食後に比べ15%〜20%減少する。 

全身クリアランスは約3.3L/hrで投与したうち、約25%が代謝排泄物として糞便中へ、、27%が未変化態として尿中へ、その他胆汁排泄や腸分泌がある。    

  反復投与後体内動態変化
 Cmax(ng/mL)AUC(ngh/mL)TmaxT1/2
2.5mg12回)83.6592.528.4
5mg(12回)205.11548.83.510.1

 
 <副作用>
鼻出血(5%)、血尿(2.6%)など
 <特徴>
・脳卒中発症抑制、大出血発現率の低下、全死亡率の低下の3つ全てをを提唱している初めての薬。
・併用禁忌がない・腎排泄が他より少なく、腎臓に疾患がある患者さんに使いやすい。
 また肝臓疾患のある方にも禁忌ではないので使いやすい。
・錠剤の直径が小さい。  
   エリキュース:
2.5mg=6mm5mm=9.17mm
    
 イグザレルト:10mg15mg=6mm
    
  プラザキサ :75mg=18mm110mg=19mm 

<注意事項>
・本剤は凝固能検査はモニタリング指標にならないので出血など十分に注意する。
VK拮抗剤との切り替えはINR2.0未満になってから本剤を投与する。
  他、イグザレルト等新期薬からの切り替えは次の服用時から切り替える。
・服用し忘れたら気づいたときに服用し(次回服用は6時間開ける)、
  忘れたときは
1回に2回分服用しないこと。
・手術前は24日前に中止する。 

<感想>
風薬などと違い飲みきり終了というわけではないので、薬価の面を考えるとまだワーファリンの方が使いやすいのではないかとも感じられる。しかしワーファリンは定期的に血液凝固能のモニタリングを行い容量の調節が必要と食べ物の制限があった。新規薬はそれらの必要性もなく制限もない。 

ここ数年で心房細動に伴う脳卒中に適応を持つ新規のお薬が発売されているが、まだまだ安全性は確立されていない。今回エリキュースは他の新規薬に比べ副作用出血のパーセントが低い、腎臓疾患がある患者さんにも他の薬より使いやすいなど特徴はあるが、それは使用症例数が少ないからともいえる。これから色々な綻びも出てくると思われるので、薬剤師としては患者さんに対し出血などのリスクなどを理解し観察していく必要があると思う。 

ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。