2013年02月25日
「尿路感染症、副鼻腔炎」についての勉強会をしました。

岡山の街の健康応援団!!
岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)
2013年2月25日
MH@妹尾店

感染症
(
尿路感染症、副鼻腔炎)についての勉強会をしました。

  
                        
急性単純性膀胱炎
  分離菌はグラム陰性菌が主で、大腸菌が約6割を占める。
  女性に多く、高齢女性(閉経後)の場合は治癒率が低く再発も多い→菌特定が大切
  近年、大腸菌をはじめとして耐性菌が増加している。

◎推奨薬
第一選択:キノロン系
 クラビット   1500mg、11
 シプロキサン  1200mg、123回      3日間投与
 バクシダール  1200mg、13

第二選択;セフェム系
 セフゾン    1100mg、13
 フロモックス  1100mg、13回      →  37日間投与
 バナン     1100mg、12 

急性単純性腎盂腎炎
  分離菌は急性単純性膀胱炎とほぼ同様で、大腸菌が主。
  膀胱炎と違い、腰痛のような痛みや発熱症状がある。

◎推奨薬軽症・中等度(主治医判断で「外来治療可能症例」を目安とする)
第一選択:キノロン系
 
クラビット   1500mg、11
 シプロキサン  1200mg、13回      →  714日間投与
 グレースビット 1100mg、11 

第二選択;セフェム系
 メイアクト   1200mg、13
 トミロン    1200mg、13回      →  14日間投与

重症(主治医判断で「入院加療が必要となる症例」を目安とする)
セフェム系、アミノグリコシド系、キノロン系の点滴静注 

複雑性膀胱炎
原因菌は多種。過去の抗菌薬投与により各種抗菌薬に耐性を示す菌が多くみられる。

◎推奨薬(カテーテル非留置症例)
第一選択:
・急性単純性膀胱炎と同じキノロン系を714日間投与
ペニシリン系
  オーグメンチン  1375mg、13
  ユナシン     1375mg、13回    →  714日間投与

第二選択:セフェム系
 セフゾン    1100mg、13
 フロモックス  1100150mg、13回    →  714日間投与
 バナン     1200mg、12 

複雑性腎盂腎炎
近年、キノロン耐性菌に加え気質拡張型βラクタマーゼ産生菌も増加傾向にある。
(※気質拡張型βラクタマーゼ産生菌・・・βラクタム系抗菌薬を広く分解する
                    酵素を産生し抗菌薬に耐性を示す)

◎推奨薬(カテーテル非留置症例)
軽症・中等度
第一選択、第二選択も急性単純性腎盂腎炎と同じで、投与期間が714日間

重症
セフェム系、ペニシリン系、アミノグリコシド系、キノロン系、カルバペネム系の点滴静注

急性鼻副鼻腔炎
肺炎球菌、インフルエンザ菌が主で、約4割を占める。
治療開始35日間程度で治療効果判定。治療効果不良の場合や重症例あるいは難治例は専門家へのコンサルトが望ましい。

◎推奨薬
第一選択:ペニシリン系、セフェム系
第二選択:第一選択の2倍量のペニシリン系、セフェム系、
     あるいはキノロン系、マクロライド系

慢性副鼻腔炎
原因微生物は多種多様。
通常抗菌薬は無効で、手術治療が必要。
急性増悪した場合は、急性鼻副鼻腔炎に準じて治療。
過分泌症状が強い慢性副鼻腔炎に対するマクロライド系の少量長期投与(半年〜1)が有効とされていて、事前に耳鼻咽喉科専門医との相談が望ましい。 

感想:泌尿器科では女性の膀胱炎は実際多く、高齢の方の再発もよくあります。
   その再発をできるだけ起こさないよう、私たちは日頃の水分摂取などの
   生活指導や、再燃させないための抗生剤の定期服用飲み切りなどしっかり
   指導する事が重要だと再確認しました。

ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。