2007年04月28日
ゼチーア勉強会をしました。

高脂血症治療剤ゼチーア勉強会

2007年4月20日

高脂血症治療剤ゼチーア(エゼチミブ)勉強会をしました。


生体内のコレステロールには、肝臓で合成されるものと小腸から吸収されるものがある。
更に小腸から吸収されるコレステロールには、肝臓から胆汁と共に十二指腸に排泄されるものと食事から取り込まれるものがある。

これまで多く使用されていた高脂血症治療剤は、肝臓でコレステロールが生成される段階のHMG-CoA還元酵素を阻害するものだった。(スタチン剤)
ゼチーア錠はそれらとは異なり、小腸上皮に発現しているコレステロールトランスポーターに作用して小腸からのコレステルール吸収を選択的に阻害することによりコレステロールを減少させる初めての薬剤である。
小腸から吸収されるコレステロールの約54%を阻害する。


<特徴>
・ゼチーア錠単剤でもコレステロール低下作用はあるが、スタチンと併用で更に低下させることが可能
・スタチンを増量するよりゼチーアと併用する方がコレステロールが低下する
・併用時も副作用は増加しない
・腸管循環するため一日一回投与
・代謝を受けないため血中濃度が下がりにくく、代謝にCYPも関与しない
・LDL-Choは約32%低下、メカニズムは不明であるがTG・HDL-Choも改善させる
・約2週間で効果が発現する(スタチンは約1ヶ月)
・安全性も高い

妹尾店 AN