2008年03月15日
「ウリトス」の勉強会をしました。
過活動膀胱治療剤「ウリトス」の勉強会をしました
2008310日 東畦店にて by TM

 

過活動膀胱(OABとは、尿意切迫感を必須とした症状症候群であり、通常は頻尿と夜間頻尿を伴うものある。切迫性尿失禁は必須ではない。

日本における有病率は40歳以上で12.4%と高く、患者数は810万人と推定されている。また、この疾患の課題はQOLの改善である。

 

<ウリトスの特徴>

●ムスカリン受容体M3及びM1に選択的に作用する抗コリン薬である
M3
M1>M2

膀胱収縮は主としてアセチルコリンにより誘発され、膀胱平滑筋のM3受容体を介していることが知られている。よってM3受容体をブロックすることにより膀胱収縮を抑制できる。

またコリン作動性神経終末にはM1受容体が存在し、これを刺激することでアセチルコリン遊離が促進される。よってこれをブロックすればアセチルコリン遊離が抑制され、結果的に膀胱収縮も抑制できる。

 

ムスカリン受容体はM1M5までサブタイプがあることが知られており、このうちM2は心血管系に多く存在していると言われている。ここへの作用が少ないことがQT延長の報告がないことにつながっていると考えられている。

 ●膀胱に対する選択性が高い→口渇の軽減

ラットでの実験で、*1律動的膀胱収縮ID30*2唾液分泌ID50がバップフォーの約10倍であった。

*1律動的膀胱収縮の振幅を30%抑制するために要する用量、*2使用動物数の50%が唾液分泌の抑制を起こすために要する用量)

二重盲検比較試験において、ウリトス群の口渇27.1%であるがそのほとんどが軽度であった。

 10.1mg12回の投与で尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁を改善

長期試験(52週)においても、作用が減弱することなく有効であることも示された。また、副作用による中止例は5.6%と低かった。

 →ウリトスは優れた有用性と高い安全性を持つ薬剤である 

・食事の影響について

食後は空腹時に比べ、Cmax1.3倍、AUC0-121.2倍→食後投与

ただ、大きな差ではないので飲み忘れたときなどの服薬指導としてはさほど食事の影響を考えなくてもよいのではないかと考えられる。

 

・併用注意の薬剤について

ウリトスは主としてCYP3A4により代謝を受けるため、CYP3A4を阻害する薬剤と併用することによりウリトスの代謝が阻害されることが考えられる。

(例:イトラコナゾールとの併用でウリトスのCmax1.3倍、AUC1.8倍上昇したという報告あり) 

・通常は12回投与だが、臨床では夜間頻尿のみがある場合に夕食後のみの投与や、旅行に行くときだけ使うという頓服的投与も行われている。

 

・男性の場合は前立腺肥大がある場合もあり、その時はまずα-blockerでの治療が優先する。尿閉注意。

 

20087月から長期投与が可能となる。

 

考察:副作用の少ない安全な薬、というのは誰もが望むものであり、これまで副作用のために治療をあきらめていた患者さんや我慢しながら他薬を使っていた患者さんには新たな選択肢の1つとなりうる薬剤だと感じた。ただ、やはり抗コリン作用による口渇や便秘がゼロではないので注意は必要だ。

また、現段階では発売後間もないので今後より多くの臨床データが蓄積されることにより類似薬との比較や使い分けなどがより明確になれば、また教えて頂きたいと思う。

OABは通常生死に係わる疾患ではないが、QOLを低下させる疾患であり、OABが改善されることによって外出が苦痛だった人が気軽に出かけられるようになったり、精神的ストレスや不眠などが改善されたり、とメリットは大きいと思われる。

また精神的ストレスや不眠から生じる抑うつや睡眠障害、そこから生じる高血圧、といった具合に他の疾患につながっている可能性もあり、
OABの改善が患者さんにもたらすメリットはさらに大きくなるかもしれない。