2008年02月22日
プロプレスの勉強会をしました。
ブロプレスの勉強会をしました。
                              2008年2月20日 BY MH@東畦店

現在日本のみならず先進諸国ではメタボリックシンドロームの増加が共通の問題点となっています。
生活習慣→肥満→インスリン抵抗性→生活習慣病(高血圧、高血糖、高脂血漿)→動脈硬化・糖尿病→脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞等重大な病気、このような流れはメタボリックドミノとして注目されています、さまざまな病気は一度に起きるのではなくまるでドミノ倒しのように発症していくという考え方です。
重大な病気にならないためにはドミノを倒さないようにブロック出来るかが重要です。
このドミノをブロックするのに注目されているのがARB製剤のブロプレスです。

 
ブロプレスの特性
        
糖尿病発生抑制効果がCa拮抗剤、ACE阻害剤に比べ高い
   CASE-J試験 ブロプレスVSアムロジピン カンデサルタンは有意に糖尿病発症を
      抑制
HIJ-CREATE試験プロプレスVS ACE-I カンデサルタンは有意に
      糖尿病発症を抑制
 
                          特にCKD症例で有益であることが示された

         BMI
が高くなるほど糖尿病の発症をCa拮抗剤は抑えられないがブロプレスでは
  抑えられる
(肥満にともないアンジオテンシン兇増加するためだろう)

        
添付文書の用法用量においてT/P比(安定持続性)がACE阻害剤、他のARB
  比べて高い
(ブロプレスは親和性が高く、受容体半減期が長いため)

        
インバースアゴニスト作用(活性が強いほど心保護作用があるとされている)
  心不全の効能効果は日本ではブロプレスのみ承認、海外ではブロプレスと
  ディオバン、 他のARBも承認はされていないが作用も有するものもある

・ ブロプレスベースの治療は高血圧合併CAD(冠動脈疾患)の標準的治療と
  同等の効果がえら
れる
 

前に述べたメタボリックドミノのブロックには初期は低用量、中期は常用量、
後期は高用量が有効とされています。
  
平成20年度から医療保険者に内蔵脂肪型肥満に着目した生活習慣予防のための健診・保健指導を義務付ける特定健診・特定保健指導が開始されます。平成27年までにメタボリックシンドロームの該当者と予備軍を25%減少することを目標に掲げています。この減少にARB製剤が大きく貢献していくのではとのことです。

しかしまずは薬に頼る前に、自分の体型がメタボリック化しそうであれば生活習慣を見直していかなくてはいけませんね、ドミノの入り口に入らないように、私も休憩中のおやつの量を少し減らしていこうかしらと思います。(おやつを目の前にしては無理かもしれませんが・・・)