2013年05月31日
 疼痛治療剤「ノルスパンテープ」の勉強会をしました。
岡山の街の健康応援団!!
岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)

経皮吸収型持続性疼痛治療剤「ノルスパンテープ」
 の勉強会をしました。

2013年05月31日

HO@東畦店
                

ノルスパンテープについて

一般名:ブプレノルフィン
規格:5mg,10mg,20mg
販売開始:2011年8月  
〈効果または効能〉
非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患に伴う慢性疼痛における鎮痛
変形性関節症
腰痛症 

慢性疼痛の原因疾患としてかなりを占めるのが変形関節症と腰痛症であり、その保存療法の一環として薬物療法が行われているが、NSAIDsなどを投与しても治療困難な慢性疼痛に対し鎮痛効果を示す。 

〈作用機序〉
中枢および末梢神経系に広く分布し痛みの制御に関わっているオピオイド受容体の、特にμ1受容体に対する親和性が高く、中枢神経系の痛覚伝導系を抑制することにより鎮痛効果をもたらす。
オピオイド受容体のパーシャルアゴニスト(部分作動薬)として作用するが、親和性は高い。 

〈用法および用量〉
通常、成人に対し、前胸部、上背部、上腕外部または側胸部に貼付し、7日毎に貼り替えて使用する。初回貼付用量はブプレノルフィンとして5mgとし、その後の貼付用量は患者の症状に応じて適宜増減するが、20mgを超えないこと。 

〈特徴〉
皮膚からゆっくり吸収される持続性の経皮吸収型製剤であり、第2種向精神薬に
  指定されている。
同一成分の既存製剤としてレペタン坐剤、レペタン注があり、
  がん性疼痛に
用いられている。
NSAIDsなどで十分に効果の得られない変形性関節症および腰痛症に伴う慢性疼痛
  にも鎮痛効果を示す。
血中ブプレノルフィン濃度は、初回貼付後約72時間で定常状態に達し、
  その後の反復投与により安定した血中濃度を維持することが可能。
徐々に時間をかけて効果を示し、剥離後もゆっくりと血中濃度が下がるため、
  依存性は少ない。海外では薬物(オピオイド)中毒の治療にも用いられている。
内服薬と比べ、腎臓や肝臓への負担が少ない。
世界30カ国で承認されている。 

〈使用上の注意〉
初回貼付時は徐々に血中濃度が上昇し、約72時間かけて定常状態に達するため、
  最初の3日間は必要に応じて
NSAIDs等の併用を考慮する。(一度剥がして次に貼付する
  まで数日あいた場合は、やはり効果が現れるまでに3日程度かかる。)
血中濃度が上昇するおそれや、皮膚症状が発現するおそれがあるので、毎回貼付部位を変え、
  同じ部位に貼付する場合は3週間以上の間隔をあけること。
剥がれてしまった場合は、再度押し付けて貼るか、皮膚用テープ等で固定する。
  粘着力が弱くなった場合は、異なる部位に新しい製剤を貼り替え、
  その時点から7日間貼付する。
熱により、薬の吸収量が増加する性質があるため、電気毛布やカイロなどの熱源に
  接しないように注意する。
貼ったまま入浴できるが、熱によって薬の吸収量が増加するため、影響がでにくい
  上半身の上の方の貼付が好ましい。
MRI検査を受ける際は、必ず剥がすこと。
使用済み製剤にもまだ薬剤が残っているため、必ず粘着面を内側にして半分に折り破棄する。 

〈増量、減量、中止について〉
痛みの強さに関わらず、必ず5mgからスタートすること。
  増量を行うときは、患者の状態および本剤の用量を考慮して、5mg〜10mg
 
 
ずつ貼り替え時に増量する。医師の判断により、10mg+5mgという使い方も可。
  ただし製剤を切って使うことは不可。
  
増量時には副作用も発現しやすくなるため注意が必要。
●減量を行うときは退薬症状を考慮して、患者の状態を十分に観察しながら慎重に行う。
投与の中止を行う際は、悪心などの退薬症状が現れることがあるため、徐々に減量を行う。
  
20mg→10mg→5mg→中止  が望ましいが、20mg→5mg→中止でも可。
  5
mgで使用の場合は、剥離後1週間の様子見でよい。
 

〈副作用〉
主な副作用の症状には、悪心(62.5%)、嘔吐(35.7%)、便秘(33.7%)、傾眠(30.3%)等がある。
悪心、嘔吐については耐性ができるため、だいたい投与開始後2週間ほどで治まってくるが、最初の1〜2週間はナウゼリン等の制吐薬の併用が好ましい。
また便秘については耐性ができないため、症状に応じて酸化マグネシウム等の便秘薬を併用する。 

〈その他〉
側胸部に貼った時の血中濃度を1とした場合、大腿部に貼ると5割、膝に貼ると
  3割の血中濃度に低下する。
14日の処方制限があるため、1回に2枚を限度とする。
適正使用を推進するため、e-learning受講済みの医師しか処方できず、
  処方医が受講済みかどうかを確認する必要がある。(受講済みの医師に異動があった場合でも
  配属先を追加することで引き続き処方できる。)
ノルスパンテープの購入および調剤する薬局はあらかじめ登録する必要がある。 

感想〉
ノルスパンテープは『非オピオイド鎮痛薬で治療困難な変形関節症、腰痛症に伴う慢性疼痛における鎮痛』に適応の薬剤である。これらの慢性疼痛に対しては、従来はNSAIDsが第一選択薬として用いられていたが、長期投与により消化管障害などの副作用が発現したり、痛みが十分に緩和されない症例もあり、困っていた患者さんも多いだろう。
この製剤は、内服薬に比べ腎臓や肝臓などへの負担も少なく、高齢者でも比較的安全に使用できるため、有用な疼痛コントロール薬となるであろう。ただ、高齢者への処方が増えることが予想されるため、使用上の注意点を丁寧に指導する必要のある薬だと感じた。


ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。