2006年07月27日
新人研修に行って来ました!
H18年7月20日
大阪へ新人研修に行って来ました。


サービス業としての保険薬局を考える
〜保険薬局で働く意義とは〜

研修内容
●保険薬局を取り巻く環境
・団塊世代退職で2008年には積立金が底をつく。
・受信抑制や長期処方の増加によって、売上減少。
・薬価差益減・在庫負担に伴うロスの増加などによる利益率減少。
・人件費・在庫・設備負担増などによる経費の増加。
・薬局=サービス業という意識の浸透。
・保険薬局間の競争の発生。
・量的強化から質的評価への変化。
このような変化の中で、高い人的サービスが求められている。
私たちはどのような考えを持ち、仕事をしていくべきか。

●保険薬局の商品とは?
・製薬メーカーの商品…薬
・医薬品卸の商品…配送・在庫・営業
商品には「効用」と「特徴」がある。
効用…顧客が商品から得られるメリット。(顧客側の視点)
特徴…効用を実現するために持っている能力・用件を裏付けるもの。(提供する側の視点)
処方せん応需サービスにおいての「効用」と「特徴」とは?

例)
商品 効用 特徴
監査 数量・規格違いなく服用できる ダブルチェック
初回インタビュー 自分の事を知ってもらえる 薬剤の知識 安心感が得られる 笑顔・挨拶
これらを明確に意識し、現場で使っていく。


感想
医療費が底をつくというのは知っていましたが、目前だというのを知って驚きました。

知識を増やすというのはもちろん大切だと思います。
それに加えて自分がすることによって、患者さんにどんな利益があるのかということを考えることの重要性を感じました。
討論の際、どんな商品も突き詰めれば患者さんの安心感に繋がるという意見が出たのですが、まさにその通りだと思いました。
患者さんに安心していただけるよう、常に笑顔で対応し、笑顔に繋がるよう知識を深め、日々の行動一つ一つに責任を持っていきたいなと思いました。

今回、私含めて4人と人数的には少なかったのですが、周りはベテランの方々ばかりで非常に参考になる意見も多く有意義な時間が過ごせました。
特に、参加されていた薬剤師とは違う視点で薬局に携わっている事務の方の意見は、驚かされるものが多々あり参考になりました。


妹尾店 A.N

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています