2007年12月11日
ジェニナックの勉強会をしました。
ジェニナック(メシル酸ガレノキサシン)
平成191129
妹尾店勉強会 by DT@妹尾店
 

     規格は200mg錠の1種類。
     通常、成人1回400mg、1日1回の服用。
     適応は、呼吸器、耳鼻科領域に有効。
     略号はGRNX
     PK/PD理論によって開発。CmaxAUCなどのPK(Pharmacokinetics:薬物動態)と、
   MICなどのPD(Pharmacodynamics:薬力学)を組み合わせたパラメーター。
   Time>MICの時間依存性に対し、濃度依存性。キノロン系抗菌剤の有効性は、
   AUC/MICと最も相関が高いと言われている。
    Tmaxは約2時間(T1/2は約11時間)で速やかな立ち上がりと高いAUCであり、
   また耐性菌を抑える濃度(MPC)をも越えるが、副作用、
   禁忌は他のニューキノロンと同等。
     主なSEは、下痢3.3%、頭痛1.7%、軟便1.4     代謝は、肝:腎=1:1
     65歳以上なら一般に代謝が低下しているため、1日1回200mgでも効果十分。
     粉砕で問題となるのは、苦味。

<以下、併用注意よりピックアップ>
     AlMgCaFeZn含有製剤は、本剤服用後2時間以上あける』に関して。
    他のニューキノロンと同様の傾向で、先にジェニナックの服用がよい。
    ジェニナック,叛酸剤△良用順では、→△20%の吸収低下に対し、
    →,任40%の吸収低下のデータあり。
     『フェニル酢酸系、プロピオン酸系NSAIDsは他のキノロン系抗菌剤との併用で
    痙攣を起こす』に関して。中枢神経におけるGABAa受容体への結合阻害は
    ジェニナックではほとんどないため、他のキノロンと比較して痙攣の
    可能性は少ない。
 以上