2007年09月22日
キプレス新製剤(4mg細粒剤)の勉強会
キプレス新製剤(4mg細粒剤)の勉強会をしました。

(ロイコトリエン受容体拮抗剤 気管支喘息治療剤)

 

平成19919日  於東畦店 By東畦店の♀M.I.

 

小児気管支喘息は12歳をピークに5歳までに90%以上が発症し、また、発症年齢は低下傾向にある。小児喘息ガイドライン2005における長期管理薬として、6歳未満の小児の場合、吸入ステロイドよりも抗アレルギー薬がファーストチョイスとなっているにもかかわらず、現在の薬剤では選択肢が少なく治療の有効性が低い。また、呼吸器感染に対する感受性も増加しているが、ウイルス誘発性喘息の小児臨床試験では、吸入ステロイドでの有益性が認められなかった。

小児は喘息症状や程度を口で上手く話せず、ピークフロー値などの客観的測定値が入手しにくい状況にある。増悪は事前の症状変化やβ2作動薬の使用と明確な相関関係を示さないため、喘息発作の予防が重要となってくる。

このような状況下において、これらの年齢範囲の患者に、投薬が容易で、高い有効性、安全性及び広い治療域を有する新たな治療薬として、キプレス小児用細粒が近日発売されることになった。


 
製品特性

     キプレスはLTD4の受容体であるCysLT1受容体に特異的に結合することで、炎症惹起メディエーターであるLTD4による気道炎症、気道収縮を阻害し、気道過敏性の亢進、気道閉塞を改善する。

     11回就寝前投与で、喘息症状、呼吸機能をコントロールする。

     1歳以上6歳未満の小児気管支喘息患者における中等度改善以上の有効率は81.7%(89/109例)であった。

     末梢血中の好酸球を減少させ、抗炎症作用を示す。

     乳幼児が服用しやすい細粒剤。

     1歳以上6歳未満では、年齢による用量調節が不要。

年齢、体重、重症度による有効性の差は認められない。

     国内で実施された臨床試験において、2.2%(3例/137例)に、4件の副作用が認められた。(承認時)(頭痛、悪心、皮膚乾燥、発疹が各1件。)

臨床検査値の異常変動は、AL-P上昇が2件。

     長期投与試験において、中等度改善以上(8週時)の有効率は87.7%であった。

     長期投与試験において、副作用発現率は1.4%(皮膚乾燥1例/72例)であった。

臨床検査値の異常変動は認められず。  

     ウイルス誘発性喘息の増悪率を有意に減少した。

 

効能・効果 

気管支喘息

 用法・用量

通常、1歳以上6歳未満の小児には、モンテルカストとして4mg(本剤10.5g)を11回就寝前に経口投与

使用上の注意

     体重、年齢、症状等による用量調節をせず、全量を服用する。

     光に不安定であるため、開封後直ちに(15分以内に)服用する。

また、再分包はしない。

     食事の有無にかかわらず投与できる。

     かすかに甘く清涼感のある味で、口に直接入れるか、スプーン1杯程度の柔らかい食物(常温以下)と混ぜて服用することができる。(ベビーフード、アイスクリーム、スプーン1杯の調製ミルク、母乳etc.

混ぜた場合も放置せずに直ちに服用する。

本剤服用後に水などの飲み物を摂取してもよい。 

 

以上のようにキプレス細粒4mgは、1歳以上6歳未満の小児気管支喘息患者において、有益性の高い薬剤であると思われる。既存の薬剤とともに、今後の小児気管支喘息患者にとって、大いに役に立ってくれることを期待したいと思う。