2006年09月30日
ストロング・スタチン「クレストール」の勉強会をしました。
9月27日ストロング・スタチン「クレストール」の勉強会をしました。

               東畦店 出席者6名
特徴としては

HMG-CoA還元酵素への結合部位が4ヶ所と最も多く高い親和性をしめす。
強力なHMG-CoA還元酵素阻害作用でLDL値に係わらず著明な改善効果がある。
親水性で肝臓以外への移行は少ない。
CYPを介した代謝を受けにくく、複数の薬剤が併用される人にも適する。
クレストール2.5mg(87.3円)がリピトール10mg(146.3円)とほぼ同じ効果を持つ為費用対効果が優れている。
注意点
アルミニウム・マグネシウムにより吸収を阻害される。
同時服用で50%吸収低下。
クレストール服用2時間後に服用した場合80%は吸収されるので2時間以上あけて服用。

高脂血症カテゴリーB1の私としては是非とも飲みたい薬と思いました。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています