2014年10月22日
乾癬治療薬「ドボベット軟膏」の勉強会をしました。

岡山の街の健康応援団!!
岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)


乾癬治療薬「ドボベット軟膏」の勉強会をしました。

2014年10月22
By YN@妹尾店

H26.9月発売
カルシポトリオール(ドボネックス)+ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(リンデロンDP)の合剤(11
効能効果:尋常性乾癬
通常、11、患部に適量塗布する。
※頭皮や顔には適応がない。幹部のみに塗布し、使用後は手を洗う。
1週間に90gを超える使用は行わないこと。
新薬扱いなので、2週間縛りあり=1回の処方で180gまで。
尋常性乾癬としては、ドボベットは十数年ぶりの新しい外用剤。

 尋常性乾癬
54万人の患者さんがいる。薬物治療・外用療法が主。
主にV.D3やステロイドの外用が用いられる。併用することが多く、単剤に比べ効果も高い。 

V.D3の効果:主に表皮細胞がターゲット。ケラチノサイトの分化異常や過剰増殖を抑えるステロイドの効果:主に免疫細胞がターゲット。炎症を抑える。
V.D3の副作用:刺激感
ステロイドの副作用:皮膚萎縮 

併用の仕方…混ぜて渡す・別々のタイミングで塗る・重ねて塗るなど、
Drによって指示は様々。
併用することで互いの効果を補い、副作用をカバーできる。
pHが両者で異なるため、今まではV.D3とステロイドの合剤は発売されてこなかった。
V.D3はアルカリ性、ステロイドは酸性で安定。V.D3は酸性化で壊れてしまう。
しかし、ドボベットは水無しの基材を配合することで、両者ともに安定化させることに成功した。 

11回でも12回でもドボベットの効果は同じだった。
塗布回数が12回だと、1回の人に比べてアドヒアランスは約半分に落ちてしまう。
11回でよいことで、患者さんのアドヒアランス低下を防止できる。
1週間程度の早期から効果が実感できる場合が多く、このこともアドヒアランス向上に繋がる。

感想
仕事をしている人は朝に薬は塗りにくいことが多いため、11回で済むのは大きな利点です(ドボネックスは12回)。しっかり継続することが大切なので、声掛けも続けていこうと思います。 


ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。