2008年10月18日
「IBS,イリボーの勉強会」をしました。

過敏性腸症候群・イリボー勉強会

 

                          2008.10.7

                           H・O@ 東畦店 

過敏性腸症候群IBSIrritable Bowel Syndrome)について

 

定義

器質的疾患を伴わず、腹痛・腹部不快感と便通異常(下痢、便秘)を主体とし、それら消化器症状が長時間持続もしくは悪化、改善を繰り返す機能性疾患。排便により腹部症状が改善する。

ただ、定義上器質的疾患を伴わないとなっているが、米国のある調査では下痢型過敏性腸症候群(D-IBS)の25%が胃腸炎後(特にキャンピロバクター腸炎後)発症しているというデータがあり、回盲部のLow grade炎症と肥満細胞の増加、IL-1βの増加が認められた。つまり、感染性胃腸炎後に炎症が残りセロトニンを分泌する肥満細胞が増加し、セロトニンの分泌により腸管運動が亢進されているというPost-infection IBS が存在するということが示唆された。



 

疫学

日本における成人のIBS有病率は12.5%、患者数は約1200万人。(糖尿患者より多い)

若年層に多く、男性では下痢型、女性では便秘型が多い傾向。

 

診断基準

ROME郡霆燹6か月以上前から症状があり、最近3か月間は下記の条件をみたす)

過去3ヶ月間、月に3日以上にわたって腹痛や腹部不快感が繰り返し起こり、下記2項目以上がある

1.              排便により症状が軽減する

2.              発症時に排便頻度の変化がある

3.              発症時に便形状(外観)の変化がある

 

分類

便秘型、下痢型、混合型、分類不能型に分けられる

  

イリボー(ラモセトロン塩酸塩)の特徴

 

・国内初のセロトニン5−HT受容体拮抗作用に基づく下痢型過敏性腸症候群治療薬

・1日1回投与でよい

・ストレスによる脳腸相関の異常改善

               ↓      

ストレスによって生じる消化器症状(脳→腸)と消化器症状によって情動への影響が生じる(腸→脳)現象

 
20081018205456.JPG

     

・長期にわたる治療可能

・遠心性神経系に作用→腸管神経叢に作用し、消化管運動異常改善

求心性神経系に作用→大腸痛覚の伝達抑制、腹痛及び内臓知覚過敏改善 


臨床・薬物動態

・服用1日目よりプラセボ群を上回り、便形状の改善及び排便回数の減少が認められた。

また、拘束ストレス負荷により誘発される下痢に対し、用量依存的な抑制作用を示した。(ラット)

・長期投与においては、イリボーの用量を適宜増減することで全般的なIBSの改善効果が認められた。

・食事の影響を受けないため、いつ服用してもかまわない。

・女性においては、n数が少なく、プラセボとの有意差がつかなかったため、今回の適応は男性のみとなった。

・副作用について最も多いのは便秘・硬便次いで腹部膨満である。また、海外において他の5−HT3受容体拮抗剤(アロセトロン)で虚血性大腸炎及び重篤な便秘が現れ、死亡例も報告されているため特に注意が必要。

虚血性大腸炎:高齢の方や生活習慣病に罹患している方に起こりやすい。
症状:急性の腹痛、粘血便

治療方法:特に治療法は無く輸液と安静であるが、的確に診断をしなければ死に
     至るケースもあり注意を要する。


・フルボキサミン(
CYPA2阻害作用のある薬剤)との併用注意→ラモセトロンの血中濃度上昇

 

感想

今や現代病となってきているIBSは、まだまだ認知されておらず、罹患しているにもかかわらず診断されていない人が多い。ストレス社会の現代でQOLの上昇のためにもイリボーの女性適応、早期の認知拡大を期待する。