2006年06月29日
「ユリーフ勉強会」
                  
デキゴトロジー1「ユリーフ勉強会」

選択的α1A遮断薬「ユリーフ」の勉強会をしました。 18年6月23日 参加者 7名
勉強会の風景
前立腺に多く存在すると思われるα受容体の中でも特に1Aを選択的にブロックするために立ちくらみなどが少ない薬剤。

従来の薬剤と一番違う点は副作用で射精障害があること。ただこれは効果の裏返し。

可逆的であり問題のないものであるが、実際に服用された方の経験では射精時に違和感はあるとのこと。

他の副作用としては鼻閉、下痢などがある。それぞれ血管拡張作用、α1A遮断作用によるもの。

特異な副作用はあるが安全性、効果の点で有用な薬剤と思います。
はな薬局の勉強会は約1時間でメーカーさんの話が約30分、後はたっぷり質問時間。

新人は現在どの店舗に居ても勉強会には優先参加。でも質問を要求されます。

恥ずかしがらずに自分の素朴な疑問を質問することが大切と思います。

折角の勉強会なので時間内ににどんな薬剤なのかをその処方がいつ出てもいいように、しっかりみんなに把握してもらいます。あと、質問でその場に解決の出来なかったものは後日に調べていただきます。

今日頂いた小冊子にOAB(過活動膀胱)の発症機序について非常に明確に書かれていました。

以前、他のメーカーさんの話では?だった所なのでなるほど。

こうして一日が過ぎていきます。
                                  東畦店 石川

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています