2012年06月21日
選択的DPP-4阻害薬「ジャヌビア」の勉強会をしました。
岡山の街の健康応援団!!
岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)


  選択的DPP-4阻害薬「ジャヌビア」の勉強会をしました。

 

                                 By NY@内尾店

 【ジャヌビア錠について】
一般名:シタグリプチン
規格:25mg,50mg,100mg 

DPP-4阻害薬の薬価比較>
・ジャヌビア、グラクティブ25mg96.1円、50mg179.3円、100mg269.0
・エクア50mg104.7円(通常12回)
・ネシーナ6.25mg60.2円、12.5mg112.2円、25mg209.4
・トラゼンタ5mg209.4 

<効能効果>
2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る
(1) 食事療法、運動療法のみ
(2) 食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
(3) 食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
(4) 食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
(5) 食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用
(6) 食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用 

<用法用量・注意>
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg11回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg11回まで増量することができる。

本剤は主に腎臓で排泄されるため、中等度腎機能障害のある患者では、下表を目安に用量調節すること。


2012062116172330033.jpg

 
<作用機序>
インクレチンであるGLP-1GIPは、グルコース恒常性の維持にかかわるホルモンである。
インクレチンによって膵臓のβ細胞、α細胞からそれぞれインスリン、グルカゴンが分泌される。
シタグリプチンはDPP-4酵素を阻害し、インクレチンのDPP-4による分解を抑制する。
その結果、活性型インクレチン濃度を上昇させることにより、血糖値依存的にインスリン分泌促進作用・グルカゴン濃度低下作用を増強し、血糖コントロールを改善する。 

<副作用>
低血糖症、便秘、腹部膨満、放屁  

<禁忌>
1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者
3. 血液透析又は腹膜透析を要する患者を含む重度腎機能障害のある患者
4. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者 

特徴
・単剤でも、他剤と併用でも使用できる。グリニド系以外の糖尿病薬と併用可能。
 インスリン製剤と併用できる
DPP-4阻害薬はジャヌビアのみ。ただし、併用の際には
 十分に検討・注意すること。
SU剤と併用する場合、SU剤の量を一定量以下にするよう
 勧められている(例えば、アマリールを
2mg以上使用している場合は2mg以下にする。
 もしくは一度
SU剤を最少量に落とし、効果不十分なら徐々に上げていく、等)。
・空腹時血糖、食後血糖、HbA1cのいずれも改善する。
・インクレチンは食事によって消化管から分泌されるため、空腹時にはほとんど存在しない。
 よって、ジャヌビアの効果は血糖依存的となる。
・血糖依存的に作用するため、低血糖を起こす確率は低い(α-GIと同程度)。
・食事とは無関係に服用してよい。
・構造中に3つのフッ素があり、DPP-4と強固に結合する(水素結合)。
 
24時間後も92%DPP-4を阻害している。そのため、効果は強力かつ持続的。
 
11回投与で良好な血糖コントロールを示す。
・インスリン抵抗型、儀薪尿病患者には効果が期待できない。
1日あたりの基本的な薬価がDPP-4阻害薬の中で1番安い。
DPP-4阻害薬の中で唯一、増量が可能。 

<感想>今回の勉強会で改めてDPP-4阻害薬の有用性を感じました。その中でも適応症が最も広く、かつ薬価の安いジャヌビアは需要が大きいと思います。
SU剤やインスリン製剤との併用の際は、特に低血糖に注意しなければならないので、患者さんへの適切な説明が必要です。
また、低血糖のリスクを軽減するため、併用する時は
SU剤やインスリン製剤の減量も考えるべきだと思います。
現在、保険上の関係でグリニド系とは併用できませんが、将来的には可能になるだろうとのこと。これからの動向にも注目したいです。

ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。