2007年08月04日
デトルシトール一周年記念講演会

デトルシトール一周年記念講演会

By 妹尾店 DT

 

◇日時                  2007719日(木) 1845分〜(途中より聴講)

◇ところ              岡山全日空ホテル

 

<一般講演>

OABの診断」岡大病院泌尿器病態学 助教 渡辺豊彦先生

     過活動膀胱(OAB

「尿意切迫感」を主症状とし、「頻尿・夜間頻尿」や「切迫性尿失禁」を伴う症候群。

     排尿日誌

     患者には少し負担。尿意切迫感の人ほど負担に感じる。

     患者の状態を正確に把握できる。

     OAB症状質問表

       この中でもやはり「尿意切迫感」スコアが大事。

     除外診断の検査

     尿検査

     残尿検査(残尿量の測定)

     その他(尿細胞の検査、レントゲン、PSA、腎機能検査など種々)

     残尿量検査(超音波)デモ

     従来方法(手計算。残尿量(ml={長径(cm)×短径(cm)×前後径(cm}/2

(5.75.81.7)/2=28ml

     ブラッダースキャン(膀胱を立体的に測定。3秒で測定。約70万らしい。)→20ml

50ml以下の残尿は問題ない。従来方法はあくまで目安とのこと。

  

<特別講演>

「男性下部尿路症状に対する治療ストラテジー」

名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 教授 後藤百万先生

     名称の変遷

排尿障害 → 下部尿路障害

排尿症状    下部尿路症状(LUTS

…それぞれ男性(male)、女性(female)で分けるようになった

※単に「排尿障害」では出にくいだけのようなイメージなので変わってきた。


     下部尿路症状(LUTS

¨         蓄尿症状

¨         排尿症状

¨         排尿後症状(残尿感、排尿後滴下)

     蓄尿症状の異常

¨         排尿筋過活動

       中枢神経障害

       加齢

¨         尿道括約筋不全(尿道ゆるゆるになる)…男性は少ない

       尿道過活動

       内因性括約筋不全

¨         萎縮膀胱、知覚亢進

       膀胱癌などでも見られる。

     排尿症状の異常

¨         排尿筋低活動(膀胱が収縮しない)

¨         下部尿路閉塞(途中で詰まる)

       前立腺肥大(BPH

       尿道狭窄

       便秘

     LUTSの診断

¨         問診

¨         排尿日誌

¨         残尿測定

     実際にはBPHOABは混在していることも多く、LUTSの症状(主に蓄尿症状、排出症状)を呈する。BPHを伴うOAB患者には、BPH第一選択薬のα1遮断薬の使用がよいが、さらに抗コリン薬の併用がよいことが多い。但し、この場合は残尿量に注意とのこと。

     OABについて

Ø         主症状である「尿意切迫感」(Urgency)は、あまり尿量がないのに急にトイレに行きたくなること。

Ø         治療(今回は行動療法と薬物療法について)

¨         行動療法(初期療法の第一選択)

§           生活指導

       カフェイン、水分摂取の抑制

       トイレと寝床の場所を近くする、外出時のトイレの場所を確認

§           膀胱訓練(排尿を我慢する)

§           骨盤底筋(尿道や肛門を開閉する筋肉群)の訓練(きゅっと締める)

¨         薬物療法(治療の中心)

§           デトルシトール

       高齢、非高齢に対し、尿失禁、1日排尿回数の改善は同様にあった。主なSE(口内乾燥)の差はなし。

       脊髄損傷時の神経因性OABの時に尿意を伝達するようになる知覚神経のC繊維が膀胱上皮にあり、ここも抑制する効果がある。これが他のOAB薬にない作用。

 

<感想>

通常の講演スタイルに加え、残尿量検査(超音波)デモがされたことが面白かった。目で実演を見て学習することのインパクトを知った。診断方法も含め、より深く過活動膀胱について学習することができた。

 

以上