2011年01月20日
「クラリシッドの勉強会をしました。
「クラリシッド」の勉強会をしました。

非定型菌や14員環マクロライドの非抗菌作用についても書いています。

                               平成23年12月20日     By AN@妹尾店
【作用】
菌のリボソームの
50Sサブユニットに作用し、蛋白合成を阻害する。
マクロライドって?
→エリスロマイシンから始まる大型ラクトン環を構造に持つ化合物の総称。
14員環:エリスロマイシン、ロキシスロマイシン、クラリスロマイシン
15員環:アジスロマイシン
16員環:ジョサマイシン、スピラマイシン、ミデカマイシン、ロキタマイシン
23員環:タクロリムス(免疫抑制) 

【特徴】
   非定型病原体を含む広い抗菌スペクトルを持つ
では「非定型病原体」とは?
→非定型病原体という病原微生物のジャンル。これは非定型肺炎の原因となる微生物を一括りにしたもので、現在ではマイコプラズマ、肺炎クラミジア、レジオネラ菌の3病原体を指すものとされている
非定型肺炎自体の定義は曖昧ですが定型(一般的な細菌性肺炎)ではないということで、
1)肺炎像が確認されても痰の一般的な染色検査で起因菌が同定されないこと。
2)市中肺炎で多い肺炎球菌に有効なペニシリン系やセフェム系抗生剤が無効である。
以上の二つを満たすものとされている。

非定型病原体による主な症状は?
→急性気管支炎:咳嗽は激しく主症状で長期化することがある。
        症状はしばしば重症で、いわゆる急性炎症性疾患を呈することがある。
        (インフルエンザウィルス、アデノウィルス、百日咳菌、マイコプラズマ、
         肺炎クラミジア)
   違い…かぜ症候群:咳嗽が主症状ではなく、鼻症状や咽喉頭症状が主である。
           咳嗽は通常7〜10日間で沈静化する。高熱を伴うことはない。
          (ライノウィルス、コロナウィルス、パラインフルエンザウィルス、
                                           RSウィルス、インフルエンザウィルス、アデノウィルス) 

特に百日咳は例年
214歳が多かったが、2008年から20歳以上の発症率が増加している。  

 
   呼吸器症状の早期改善と感染拡大の防止、高い組織移行性を持つ=重篤化の抑制
咳嗽症状持続期間と感染症の関係は?
  急性咳嗽    遷延性咳嗽    慢性咳嗽
発症〜約3週   約3〜8週   8〜10週以上 
---------------------------→

感染症による咳嗽はここまで 

咳嗽治療のガイドラインより
マイコプラズマ呼吸器感染症:マクロライド系が最も有効であるが、テトラサイクリン系、
              ニューキノロン系も選択される。
              投与期間は持続排菌例が見られることがあるので
710日が一般的
百日咳:マクロライド系抗菌薬が第一選択。症状発現より710日後に投与開始しても症状軽減には
     至らないが、除菌を行い周囲への拡散を防ぐため投与が推奨
される。

 
つまり、投与可能な最大投与量を短期間投与するのが大切!!
感染症を周囲に蔓延させない!

 
他薬と比べ体内分布の特徴は?
サワシリン(アモキシシリン)     細胞外濃度>細胞内濃度
ジスロマック(アジスロマイシン)   細胞外濃度<細胞内濃度
クラリシッド(クラリスロマイシン)  細胞外濃度=細胞内濃度←バランスよく移行!! 

マクロライドは上下気道に高濃度に移行し、セフェム系に比べ扁桃組織に移行しやすい。
3日間投与後の咳嗽改善度結果⇒経口セフェム系36.1%<クラリスロマイシン61.7
RSウィルス感染乳5日間投与後の鼻水消失率⇒非投与約15%<クラリスロマイシン50
消失率に差!!
患者の症状を長引かせない!症状重篤化を防ぐ! 

  
14員環マクロライドの非抗菌作用
   宿主の免疫反応調整
   気道過分泌の抑制=気道粘膜を正常にする
   宿主の防御因子の活性化
   細菌の病原因子の産生抑制  

 
   ガイドラインに基づく抗菌薬の適正使用
新たに拡大した効能・効果・用法用量
非結核性坑酸菌症
MACは水周りに広く常在。中高年女性に多い。症状は咳・痰・微熱など軽症だが咳が長引く)
<適応菌種>本剤に感性のマイコバクテリウム属
<適応症>マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性坑酸菌症
<用法用量>通常成人にはクラリスロマイシンとして1日800咫蔑浪繊砲鬘臆鵑吠けて経口投与。
      年齢・症状により適宜増減。
      (クラリスロマイシン単独では容易に耐性化するので、
       +リファンピシン・エタンブトールの3剤併用を基本)

新適応症「
H.pylori除菌療法」
ヘリコバクター・ピロリ感染症
<適応菌種>本剤に感性のヘリコバクター・ピロリ
<適応症>胃潰瘍・十二指腸潰瘍、MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、
       早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃(EMR
における
      ヘリコバクター・ピロリ感染症。

 
   クラリシッドの副作用
消化器症状(下痢、吐気、胃部不快感、腹痛、等)が主で92%。次に皮膚症状(発疹)24%となる。  

【考察】
マイコプラズマ肺炎は今まさに流行しており、去年からこの季節になるとよくテレビでも言われています。周囲に空気感染しやすく、風邪に似た症状で、長引く咳、予防ではうがい、マスクと部屋の湿度を5560%に保つこと、感染した方と部屋を別にすることなどが挙げられます。今回の勉強会では、クラリシッド早期投与と血中濃度の重要性、有効性を改めて知ることができたので、周囲に感染を広げないためにも予防方法と、コンプライアンスの重要性と家庭での予防をしっかりお伝えしていきたいと思いました。