2016年01月26日
消炎鎮痛剤 「ロコアテープ」の勉強会をしました。 
岡山の街の健康応援団!!
                   &
         岡山市の元気でやりがいのある調剤薬局

       
”はな薬局”by A.I.E.(Attitude Is Everything.)

      消炎鎮痛剤「ロコアテープ」の勉強会をしました。 
                              
                            平成28年01月24日
                            by Y.I.@妹尾店

<商品名>
ロコアテープ
<有効成分>
エスフルルビプロフェン・ハッカ油製剤

<効能・効果>
変形性関節症における鎮痛・消炎

<用法用量>
11回、患部に貼付する。同時に2枚を超えて貼付しないこと。

<用法用量に関する使用上の注意>
本剤2枚貼付時の全身暴露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから、1日貼付枚数は2枚を超えないこと。本剤投与時は他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用は可能な限りさけることとし、やむをえず併用する場合は必要最低限の使用にとどめる。

<特徴>
・フルルビプロフェン(ヤクバン)の光学異性体S体のみを抽出したもの。S体だけを
 抽出することで鎮痛効果があがり、副作用の少なさ(忍容性)が強化されている。
・成分としてハッカ油が入っている。これも有効成分の一つであるが、貼付時にハッカ油
 の独特の香りがある。
・組織移行性がよく、同時に2枚以上貼付することで
 フルルビプロフェン経口剤投与時と同程度の血中濃度を示すことから膝に貼付しても
 腰などの痛いにも効果があるではないかと考えられる。組織移行性を高めるために
 製剤学的に工夫されているらしいが、その際にハッカ油が必須だったとのこと。

・膝等の関節部に使用するためはがれにくくなっており、そのため紅斑、掻痒感が表れやすい。

<臨床試験>
・検証試験:変形性膝関節症患者633例において患者をロコアテープ群または
 フルルビプロフェンパップ群に無作為に貼りつけた。ロコアを
11回または
 フルルビプロフェンパップ
40mgを12回、2週間貼付し起立時の膝の痛みを
 
100mmのVASを用いて患者自身が評価。この試験においてロコアテープは
 有意に膝の痛みを改善。

COX阻害試験;組み換え人COX-2にエスフルルビプロフェン、ケトプロフェン、
 ロキソプロフェン活性代謝物のいずれかを加えて前処理し、基質としてアラキドン酸
 を添加して反応させた後、未反応のアラキドン酸を除去し、反応液中の放射活性を測定。
 
COX-2においてフルルビプロフェンは他の2剤に比べ約8倍の阻害作用を示した。
 この結果は、検証試験の起立時の痛みを有意に減少させる結果につながると考えられる。

・組織移行性試験;人工膝関節置換術を予定している変形性膝関節患者20例において
 ロコアテープ
20mgまたはフルルビプロフェンパップ40mgを術前に無作為非盲検下で
 
12時間単回貼付した結果、滑膜、関節液ともにエスフルルビプロフェンが高濃度に移行。
 この結果も検証試験の結果につながると考えられる。
  

<まとめ>
年々、高齢化が進むに応じて変形性関節炎の患者も増えてきている。
膝の関節の痛みは患者さんの動作を制限し、筋力の低下や関節可動域の制限を招き
QOLの低下につながる。
本剤使用により、少しでも患者さんの痛みが改善しQOLを改善することで健康寿命が延びるのではないかと考えられる。  


 ご就職や転職をご検討の薬学生や薬剤師の皆さま

現在、若干名の正社員、パート社員を募集しています。
    
是非一度ご見学をお待ちしています!

各雇用形態でやる気のある薬剤師を募集します。
ご応募のご連絡をお待ちしています。

  ご連絡は電話0862829401石川まで )又は lメールl でお願いします。