2007年04月01日
タリオン勉強会に出席しました。
第2世代抗ヒスタミン薬タリオン(ベシル酸ベポタスチン製剤)の勉強会>

 効能効果:アレルギー性鼻炎
      蕁麻疹、皮膚疾患に伴う掻痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚掻痒症) 
用法用量:通常成人にはベシル酸ベポタスチンとして1回10mgを1日2回経口投与
 
製剤:タリオン5(5mg)、タリオン10(10mg)
 
薬価:タリオン5⇒62.60円/1錠   タリオン10⇒83.90円/1錠

☆作用機序☆
      ヒスタミンH1受容体拮抗作用   
   ヒスタミンが鼻粘膜の視覚神経末端にあるヒスタミンH1受容体と結合することによって、くしゃみ・鼻水が引き起こされる
   
   →タリオンはヒスタミンH1受容体との結合をブロックすることによって、くしゃみ・鼻水に対して効果を発揮する
      IL-5(インターロイキン)産生抑制作用、好酸球浸潤抑制作用   
   鼻づまりは、好酸球(白血球の一種)が血管内から炎症部位に移行して、組織障害蛋白を放出することが一因
   →タリオンは好酸球が末梢組織へ移行するのを抑制し、また好酸球の分化・活性化に関与しているIL-5の産生を抑制することによって、鼻づまりに対して効果を発揮する(他の抗アレルギー剤よりも期待できるところ!!)

ポイント
  有効性と安全性のバランスに富んでいる!
      食事の影響をあまり受けない⇒服用はいつでもOK
      即効性⇒Tmax(最高血中濃度到達時間)は1〜2hr、2日で定常状態に達する    
       
痒み:服用開始30分後から効果が出始める!
      患者の満足度が高い⇒服用歴のある方にアンケート調査実施
      「継続服用希望」:大半の患者     「継続服用希望しない」:該当者なし
      中枢移行性が少ない⇒眠気をほとんど催さない
      個体差が少ない(CV値が少ない)⇒患者による効果のばらつきが少ない 
      薬剤間の相互作用なし(代謝をほとんど受けない)、重大な副作用なし